CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ENTRIES
 
Search this site






腐ったヲタクのブログです。
日常からヲタごとまで何でも有り。
<< ティールーム | TOP | 腱鞘炎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|  | - | - | - |
4回聞いても
*00のドラマCD(3)聞きました。
先週あたりに通学中に車内で聞いてました。帰りに聞いてたんですが…渋滞して2時間半かかったために4回くらい聞けてしまいました。運転中にCD入れ替えるの出来ないんだ…怖くて。
でもたとえ4回聞いても笑えますよ。1と若干繋がってるし。ハム仮m(略)と『ちょりっす』だけ繋がってる。むしろちょりっすはしつこいくらいです。いや、もうしつこいくらいって言うかしつこい。あれはホントにしつこい。擬似人格R35恐るべし。あんな奴真似なくても良いだろうにね。せっちゃん…もとい、せっさん(久しぶりに書いたら素で間違えた…)が冷静なとこが面白いです。
中の人ネタは事務所的に良いのかなと思いつつ食い付いてしまうし、B/Lネタは…こっちが恥ずかしい!本気でトラック飛ばそうかと思いました。ダメだろ、あれは。
続きに感想入れときます。セリフとか最後の最後のキャストコメントとかまでけっこう細かくネタバレになってますので、まだお聞きになっていない方はお気をつけ下さい。


▼以下追記(00ドラマCD3感想)

*トラック1『序章』
2期の始まりあたりの話です、って説明です。マイスター4人が揃ったよ!ってとこ。感想としてはなんか懐かしいなーってくらいです。ちょっとギクシャクしてんだよね、この頃は。
4人のコンビネーション強化のため(?)また仮想ミッションに取り組みます。

*トラック2『こ/ちらC/B署捜査一系』
今回の仮想ミッションの設定は警察!
ボス(=ティエ)は浩史さんの声低いです。ボスが一瞬誰だか分かんなかった。でもホントに低いのは最初だk(略)…な気もします。
狙い撃ち(=ロックオン)、ちょりっす(=せっさん…と言うかマモ)、で、アレルヤ。…アレにネックネームがない…。しかもアレ『飛翔します』→ボス『翔ばなくて良い』の流れ!明らかに不憫な扱いです。『世界の悪意が見えるようだよ』。
ここで殺人事件…ラッセが殺されています。狙い撃ち『一言も喋らずに逝っちまったか。どうやらCDドラマに出る気はないようだな…。』…出たかったかもしれないけどさ。しかもビリーがしょうもない駄洒落入れてきます。うえださん訛ってる!
金ジム…!公式でアルバトーレ=金ジムとか言って良いのか…。プラも出てないし(byちょりっす)とか地味に面白いです。
ボス『狙い撃ち、この後一杯どうだ?(雰囲気)』→ボス『ちょりっすも…ちょりっすか?』…ちょりっすって何!?そもそもせっさんのセリフの6割がちょりっすのニュアンスで表現されていて、語尾に至っては9割がちょりっすです。擬似人格R35はダメだよ。使えないよ。

*トラック03『居/酒屋「と/りのいち」にて』
飲み会。みんな擬似人格を一旦置いて会話してます。冷静なツッコミが面白いところ。ビリーも何だかんだで出てきて、早く仮想空間から脱出するために特別捜査官に応援を頼むことになります。
特別捜査官…ハム登場フラグ!

*トラック04『特/別捜査/官登場!』
案の定ハム…もとい武士仮面登場です。ばっくじゃうあー…せっさんが『ハム仮面だろっ!』ってツッコンんだことが衝撃でした。しかも誰もグラハムなんて言ってないのに、武士仮面『何度言えばわかるっ!私はグ/ラハム・エ/ーカーではないっ!』→狙い撃ち『言ってねぇよ!』が最高に良かったです。兄さんまさかの全力ツッコミ。
ここでB/Lパートその1です。せっさん『何をする!』→武士仮面『無論ナニをするに決まっている!』→せっさん『オレに触れるな!』の流れとかさ…。しかも武士仮面『君だってこう言う系の作品に…数多く出しゅt』→せっさん『オレはやってない!貴様ごときと一緒にするな!』とかも…マモ良いの?
どうすんのかと思ったらボスが武士仮面を後ろから撃ちます。ビリー『グラ…いや武士仮面っ!?』ってこいつまた…。しかもその後は『しっかりするんだ、武士仮面…傷は深いぞ!』ですからね。ビリー良い味出してます。
このあとラッセ殺しの犯人について…何事もなく復活した武士仮面『身内の犯行』→せっさん『根拠は?』→武士仮面『あるわけがないっ!』→ビリーが引き受けて解説→武士仮面『ふっ。何を根拠に。』→狙い撃ち『お前が言い出したことだろうがっ!』…武士仮面がフリーダムです。兄さんのツッコミ好きだ。三木さん好きだ。

*トラック05『手が/かりを根/拠なく探せ!』
犯人と関係するかもしれないリサ・クジョウに気付いたアレ『ボスっ!』→ボス『却下だっ!』→アレ『聞いてくださいっ!』→ボス『嫌だっ!』→何だかんだでアレが説明→ボス『愚か者!そんな重要なことをなぜ早く言わなかった!』…やっぱりアレは不憫です。ついでにせっさんの『本当でちょりっすなりか?』とか『答えちょりっす!』とか…これで良いのか心配になります。ちょりっすの使い方がホントに分かんない。どこで使っても良いんだ?
ちなみに兄さんの武士仮面へのツッコミはこのトラックでも冴え渡ってます。武士仮面のフリーダムさと兄さんのツッコミの冴えは比例するみたいです。
容疑者としてリボンズ浮上。武士仮面は美少年のリボンズを追って逃走します。
ここでアレが変身!説明しよう!アレはボスの命令でハレに変身できるらしいです。ホントにアムロボイスで解説入ります。残念ながらすぐに武士仮面にボコられて退場してしまいますが…。

*トラック06『な/んとなくの真/相』
BLパート2。リボンズのカモーンにドン引きです(失礼)。はっきり言ってここらへん平常心で聞いてられないです。私もともとBLCD苦手だし(余談)。ハムリボってありかな…?いや、やっぱりなし。
『収録が終わったら謝ります、作家が。土下座もさせて頂きます、作家が。』のセリフと共に若干アレなシーンが入ります。ホント聞いてられない。事務所的なOKが出たことに驚きです。
危ういところでボス、狙い撃ち、ちょりっすが乱入してリボンズ確保します。
最後に変態として武士仮面も確保しよう…ってとこで仮想空間から脱出してめでたしー。

*トラック07『連/携せよ、マ/イス/ターズ!』
気が付いたらアレだけ仮想空間から帰ってきてない…。連携が取れてないのはアレだけ…?←オチ。
とにかくアレが不憫過ぎました。

*トラック08『エンディング』
初めは普通にスタッフ、出演のアナウンスだけで…ただ、中村さんが『ハム仮面…もとい武士仮面…もといグラハム・エーカー…もといミスターブシドー…中村悠一』って言ってたのが面白かったです。『もとい』って言うかさ…。
そのあ無音部分が続いて4分45秒あたりからキャストのコメント入ってます。古谷さん→マモ→三木さん→よっちん→浩史さん→梅津さん→戸松さん→ゆうきゃん→うえださん→蒼月さんの順でした。やっぱり古谷さんと蒼月さん別人になってる…。それがまた何とも言えず面白いです。
古谷さん『略〜このようなドラマCDを出していいのだろうか。人類の未来に一抹の不安を受ける。ま、とにかく受けは蒼月くんに任せて私は攻めに挑戦してみたい今日この頃である。』…何も言えない。出しちゃダメだった気がする。
三木さんがステキ過ぎました…!なんか可愛いの!これは5分待つ価値あります。このために5分待とう!
よっちんは『これはあまりにも一方的だ。』一言でした。うん、分かる。
イアンさんが『わしも次回はカタギリあたりに迫りた…あ、娘が来た』とか言ってるの聞くと笑えます。梅津さんいいキャラ。
ゆうきゃんが凄く爽やかで、爽やかで、どうしてハムはあんな感じになるんだってことだけ考えてました。これも演技力なのか。ゆうきゃんステキ…いい声過ぎる!
うえださん好きです。
蒼月さん『初めてのあんなシーンで緊張していたのですが…ゆうきゃんさんの絶妙なテクでめくるめく一時を表現することが出来ました。ぜひまた、手ほどき、お願いします。アデュー。』ですからね…。笑わずにいられるわけない。後ろで笑っちゃうのも仕方ない。このときのゆうきゃんの表情が凄く見たい!

CD4回近く聞きましたが何回聞いても笑えそうです。ついでにB/Lパートは何回聞いても耐性付かない!また(1)聞きたいなぁー。


| 23:26 | ガンダム | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 23:26 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://side-aaa.jugem.jp/trackback/763
トラックバック