CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ENTRIES
 
Search this site






腐ったヲタクのブログです。
日常からヲタごとまで何でも有り。
<< 強気 | TOP | 頑張ったなー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|  | - | - | - |
TOA#03--デッキブラシ
今日は早起き(08:00起床)してバイトまでアビスしました。
続きに感想を書いてみます。
今更ネタバレ注意!なんていらない?
2周目頑張るんばー。




▼以下追記


今日のスタートはバチカル。
ルークがやっとお家に帰れて、ヴァンおじさんにまんまと嘘を吹き込まれるところからでした。
ロード直後からパーティトップが大佐でした。
さすがにもうバスローブにはしてなかったけど。
ふー、これがアビスだ。
落ち着く
大佐素敵だー。

なんて思っていたら早速大佐がパーティから外されました。
ルーク1人なんてキツいな…(精神的にも技術的にも)。
もしここで戦闘しなくちゃいけなかったらロード回数半端じゃなかったと思います。
操作キャラ=大佐歴60時間以上になってしまったので、もう技の連携とかキャンセルとか絶対出来ないだろーなー。
ルーク使ってた頃でさえいまいちHIT数出せなかったのに。
最後のカルマがBGMなアッスとの戦闘が今から心配です。
今日のユリアシティでのアッスとの戦闘はもちろん全滅したし。

1周目は『ルークったら可愛くないな、もっと皆の言うこと聞いたら良いのに』なんて思っていましたが、2周目、今後のルークの立場を思うと『皆もっとルークに構っておいてあげてよ』みたいな責任転嫁な気持ちが生まれています。
悪いのは何もかもをルークに教えてあげない大人たちだよ!(何キャラ?)
おっさんがフォミクリーのこと話してればもしかしたらアッスの言うこと聞いてパッセージリングの所で止まれたかもしれないし、ナタリアが盗み聞いたヴァンおじさんとの密約を誰かに漏らしていれば止められただろうし、ティアもなんだかんだできっと何かしら出来たはず!
とにかくルークが可哀相なんだーー!(←言いたいのはココ)
タルタロスの甲板(?)で皆に責められるルクタンはもう親善大使じゃなくてルクタンな顔になっていました。
およよよよよよ。
皆無言だったり気分が悪くなるとか言ったり酷いよ酷いよ。
あの場ではガイさえ『失望させないでくれ』みたいなこと言っちゃてましたし。
酷いよ酷いよ。
今日はまだ断髪式まで進まなかった(今日はガイがベルケンドからルークを迎えに走り去った所までしか進めなかった)ので早くルクが皆に迎え入れられる所まで行きたいです。
今日の範囲は辛かった。


▼ここから気分を変えて大佐の話題にします。
ユリアシティでデッキブラシを拾いました。
それ以来装備しています。
大佐のデッキブラシ姿は妹に受けがいいです(妹は暇な時はガイかアニスで参戦してくれる)。
デッキブラシが(比較的)物理攻撃が高いと言うのを知って、大佐にも直接攻撃させてみようと思いました。
でもやはりただ攻撃しても止めをガイやナタリアに取られて悔しい思いをするので、大佐は2周目以降限定の秘奥義のためサンダーブレードのカウントを稼ぎ、それによって自分で作った緑の輪に走っていって自分で天雷槍を繰り出しFOF技を発動させています。
ここまでくると最早デッキブラシ関係ないけどグレードはかなり稼げます(無駄)。
しかもエフェクトがなんか派手になって強くなった気になれます(無駄)。
ですが1周目から技や術を引き継いできたのは良くても、まだ最大TPがそんなに高くないのですぐTPが尽きます。
仕方がないからなんか料理をします(無駄)。
こんなことを繰り返しているうちに料理研究家への道が見えてきました。
あのおっさん何でもかんでもポテト入れるし。
タイとかけっこう高級なのに躊躇なくアレンジに使っていく当たり35才の貫禄かなと思います。
あとはこんぶが必要な汁物系を残すのみです。
あー早くグランコクマでこんぶ買いたい
ピオピオにも会いたいけどこんぶ買いたい。
……え?何の話だっけ?

うちの大佐が何を目指していたのか道も見失ってしまいましたが、大佐はいつの間にか成長していて気が付けばADスキルも後はコンボプラス系だけになりました。
これ、大佐に要るかな…。


明日も朝早起き出来れば進めます。
次は断髪式からだー。
| 23:58 | TOA2周目プレイ記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 23:58 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://side-aaa.jugem.jp/trackback/245
トラックバック