CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ENTRIES
 
Search this site






腐ったヲタクのブログです。
日常からヲタごとまで何でも有り。
<< TOV#14--ちょっと重いよ | TOP | なんか違う >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|  | - | - | - |
TOV#15--やっぱり重いよ

■昨日の続きです。

昨日の続きでTOVプレイ記その15です。
写真が多いことより、私の妄想とかセリフ書き出しのせいで重いと評判です。
続きにどうぞ。今回のはかなりセリフ書いてます。



▼以下追記(TOVプレイ記その15)

■ヒピオニア大陸 北東

フレンを助けに向かいます。



本当は行かなきゃいけないところがあるんだけど、でもフレンは助けなきゃ。
わがまま?ええ、わがままと言われても良い。わがまま万歳です。

ヒピオニア大陸に近づくと、明らかにここだって感じで土煙が。
降りてみるとフレン隊が雑魚に囲まれており、ちょっとの間時間を稼ぐことに。
パーティがユーリとラピード、フレンだけになり、敵を倒せば次の敵が順番に出てくる戦闘スタイル。
2人(と1匹)だけじゃキツい?2人(と1匹)だけで大丈夫?時間かせげる?



ってな訳で大丈夫でした。雑魚なんて敵じゃないんだぜー。
……まぁこのセリフ見た瞬間は『何をヤるの?(によによ)』とか思ったけどね。思ったけど、ちょっとニヤッとするだけで、コメントは控えました。隣に妹いたし。


■ギルドの巣窟 ダングレスト、闘技場都市 ノードポリカ

世界中の主要人物を集めます。
ブラスティアのコアを使っちゃうから、その相談。
ハリーが出てくるといちいち面白いです。おのでぃGJ。


■望想の地 オルニオン

みんなでオルニオンに集合。もちろんフレンも待機してます。
ここでフレンさんから呼び出しです。

フレン  『ユーリ、ちょっといいかい?……ここじゃなんだから入口のところで待ってる』
入口近くのジュディ 『あら?なにウロウロしているの?お友達があなたのことずっと待ってたわよ?』

…ずっと?え?ずっと?
あぁ、うん、ウロウロしててごめんね。ずっとかぁ。ふーん。へー。
ニヤニヤしながら町をでてフレンに近付きます。



▼セリフ抜き出し。「」なセリフは写真がないので雰囲気です。『』のセリフはそのままなはず。

フレン  『君はこのまま行くのか?』
ユーリ  「このまま行くさ。言うことなんてないんだ、これでいいんだよ」
フレン  『よくないさ。なぜ自分だけ損な選択をする?僕には背負えないからか?』
ユーリ  『…おまえはオレが背負えないもの、背負ってくれてんじゃねぇか』
      『オレが好き勝手やれてんのが誰のお陰かってことくらい、分かってるつもりだぜ』
      「…こんなこと話しても仕方ない。言いたいことがあるなら…」



フレン  『ユーリ…!』
ユーリ  『おまえが口でオレに勝てるわけねぇだろ』
      『おまえがオレに勝てるのは…こいつだろ?(と言って剣を向ける)』
フレン  『そうか…そうだったな。君はいつもそうだ』
      『思いをすべてこの剣に乗せる!』
ユーリ  『いいぜ…きな!』

ってことでフレンと戦闘です。
フレン強い。強いけど普通にヒット&アウェー戦法で…。秘奥義で死ぬかと思ったけど、意外と1回で倒せました。
弱い敵いっぱいより強いの1体のほうが戦い易いよね。囲まれると死ぬけど、強いのいても隙を見て戦えるものね。

▼勝利後
フレン  『剣でも…負けてしまったな』
ユーリ  『はっはっは、ざまぁ見ろ』
フレン  『…腕を上げたな、ユーリ』

▼敗北後
ユーリ  『おまえ、ほんと手加減しねぇのな』
フレン  『思いのすべてを乗せると言ったろう?…腕を上げたな、ユーリ』

勝っても負けてもストーリー進むよ!(会話見たくて負けてみた)
この後は共通です。戦い終わって2人で清々しそうに転がって空を眺めながらちょっと語ります。
うーん、青春だねぇ。もう結構青年の領域だけれども。



フレン  『…昔、剣に誓ったっけ。人の笑顔のために戦うのだと』
ユーリ  『例え歩む道が違っても』
フレン  『あぁ』
ユーリ  『オレたちは互いに手の届かないところがある』
フレン  『だから僕たちはひとりではない』

2人でひとりってことですね、分かります。
私には2人の絆が強過ぎて、まぶし過ぎて見てられませんでした。
がっつり写真撮ったりしてたけど、見ていられませんでした(矛盾の極み)。
はぁ、ええなぁ。2人でいちゃいちゃしてて、まるで天国やんなぁ。素敵やんなぁ。
もうあまりのフレユリ展開に動揺して関西弁出るよ。出ちゃうよ。

戦闘後は決戦前夜のイベントです。
パーティみんな分かれて会話イベント。フレンとパティのブロンズペア、リタとジュディの女子ペア、おっさんとカロルの男子ペア、そしてユーリとエステル…。
夜なだけに雰囲気があります。TOVはキャラに愛着が湧き過ぎて、もうすぐエンディングだと思うとちょっと寂しくなりますよ。もう終りなのぉぉ!?みたいな。
リタとジュディとか…ちょっと泣きそうだよ。おっさんなんて心臓があれだしさ、エンディングのあとはどうなるのか、とか考えるとホント泣けます。みんな好きだぜー。好き過ぎるんだぜー。エンディングなんて涙なくしては見れそうにないんだぜー。

今回(異常に)長くなりました。
逐一書いてるとオルニオンから出発できないぃいい!



| 20:47 | 【完】TOVプレイ記 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| 20:47 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://side-aaa.jugem.jp/trackback/1046
トラックバック
2010/12/06 08:12
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-
2010/12/11 02:54
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-